OFFICE TETSU SHIRATORI.com

命をつなぐ幸福度の高い地球社会を創る 地球蘇生プロジェクトview
more

About
白鳥哲が、地球上のすべての生命体(アーシアン)が
共存共栄できる地球社会を創るために始めた活動です。
その生き方のヴィジョンを地球蘇生プロジェクトと呼んでいます。
地球蘇生プロジェクトの中心の一つ、
「与える経済」の実践として、始めた恩送り。
自らの心身の浄化を通して生み出した「白鳥式ヒーリング」
水源保護を目的として始めた「神水」
これから必要な意識改革を目指して作られている映画を
広げる活動をしています。
地球、人類を救おう!

produceed by OFFICE TETSU SHIRATORI

view more

地球蘇生プロジェクト 長編映画

蘇生2 Revival

地球蘇生プロジェクト 短編映画

view more

今月おすすめの短編映画

2019.10.01短編映画『ホワイトライオン~人類へのラストメッセージ~』

 

地球上の多くの生命は今、絶滅に向かっている・・・。

このままいくと、今世紀中に地球上の生命の半分が絶滅すると言われている。

この作品は地球上の生きとし生けるものからの人類へのラストメッセージである!

命の叫び・・・今、耳を傾けるとき!

 

【ストーリー】
今、地球上では、年間四万種以上の生命が絶滅を迎えている。
その原因の多くに人間による乱獲、環境破壊がある。地球上の生態系のトップにいるライオン。さらに霊的にも大きな意味を持っているとされるホワイトライオンを守ることは地球上の生態系を守ることにもつながる。そのホワイトライオンの保護活動をしているモデルであり著名なリンダ・タッカー女史の言葉から、これから人類がどのように生きればよいかを探る。

~リンダ・タッカー氏について~
ケンブリッジ出身、華やかなファッション業界で活躍していた経歴を持つ
アフリカで行われているトロフィーハンティングという、動物をゲームとしての的にし命を奪う実情に心を痛め、また、動物の虐待が続く以上、真に平和な世界は訪れないという危機感から、トロフィーハンティングのターゲットにされているホワイトライオンを守るトラストを立ち上げ、その活動に専念し始める
活動の中で、ホワイトライオンが人類誕生の秘密を知る動物であり、混迷極まる現在の人類に重要な秘密を持つ存在であるということを知り、アフリカのシャーマンの元で10年にわたる修行を積み、大いなる存在とシャーマンの第一人者であるクレド・ムトワ氏を通じ、ホワイトライオンを守りその活動の意義を人々に伝える役割を担う
経歴や資材を投げうって、ホワイトライオンと動物たちを守り彼らの存在意義を人々に伝えようとするリンダ・タッカー氏の強固な意志と勇気に共鳴した支援者たちにより、活動の輪は徐々に広がっている

出演:リンダ・タッカー

監督:白鳥哲

2017年/18分7秒/©地球蘇生プロジェクト

ご覧になりたい方はこちらをクリック

About Tetsu Shiratori

地球蘇生プロジェクト代表
白鳥 哲
Tetsu Shiratori

映画監督・俳優・声優
長年文学座の俳優として様々なテレビ、舞台、映画、声優として活動した後、アニメ声優の仕事をしながら映画監督として活躍する。

view more

白鳥哲監督情報

メールマガジン登録

書籍紹介


  • 映画『蘇生Ⅱ』公式冊子
    地球の処方箋
    『蘇生Ⅱ~愛と微生物~』で描けなかったその先の真実
    (白鳥哲 編)

    地球を美しいまま後世に遺すには・・・
    ・プラスチックが資源に!
    ・地球の気候変動が解決する
    ・イキイキ微生物活用術!
    ・未来から「ありがとう」と言われる世界

    ・日本人の役割
    ・見返りを求めない愛に目覚めるとき

     

    【好評発売中!】

  • 脳腫瘍により自由が奪われ、死と直面した映画監督白鳥哲。
    彼は、波動測定を利用し自身と向き合うことにより、病の根本的原因に辿り付きました。死の淵から生まれ変わった映画監督白鳥哲の闘病記です。

  • 地球蘇生へむけて
    「今何をなすべきか」…
    地球蘇生プロジェクト長編映画第一作、映画「蘇生」制作中に出会った気づきの数々が纏められている。地球蘇生へ向けた知恵と叡智を踏まえ、現代社会の在り方を提言する。

view more

メディア掲載情報

view more

命をつなぐ幸福度の高い地球社会を創る 地球蘇生プロジェクトview
more

Page
Top